ゆきの中の子犬



 この詩教材は、かつて1年生の教材として光村図書の教科書に提示されていたものです。

 この方式で子供に力をつけるための教材として、適切なものと思います。

 この方式の入門期の教材として、どの学年でも扱えるものです。







教 材文


  


て 






い。








あ、























て。












ね。
















の 




が 






よ。



の 




に、











へ 




ゃ 


め。











よ。
















ど、













へ 




ゃ 


め。








に 







のに。







ら 


たの。











































  

 
 
 


1 この教材で指導できること

 学年やこの指導法の経験によって指導できることは違ってきます。

 この教材で指導できるのは、1年生以上中学3年生まで(極端に言えば大人も)が対象に出来ます。
 
ここでは、この「ゆきの中の子犬」で指導できる総ての内容について述べていきます。

「お母さんのための解説」 参照


 0 想像の仕方( テレビの映し方)

   詩を読んでその詩が描いている情景を想像することが出来ることが最低条件です。表現されていること、されていないことを正確に想像できなければ追体験したことになりません。

 そのための手がかりを述べていきます。

 1  題の役割、効果 

 最初に読者の目に入るのが、「題」です。題は内容を規定しています。

  「雪の中に子犬がいるのだな」ということが提示されます。どんな雪がどのように降っているのか。晴れている一面の雪の世界か。野原なのか、町の中なのか。 何匹なのかは明示されていません。これらのことは読んでいくうちに明らかになってきます。ここでしっかり押さえておかなければならないことは、子犬であっ た小犬でないことです。小さい犬ではなくて幼い犬なのです。

 2 語り手と作者との違い 

 語り手というのは、この詩の世界を読者に語ってくれている人のことを言います。作者とイコールの時もありますがほとんどは作者が創り出した人物です。

 この詩の作者は、「すずきとしちか」さんですが、この世界を見ている人は、女言葉が使われていることから男でないことが明らかになってきます。


 3 視点、視点人物と対象 人物

 この詩の世界は、語り手の眼から見た世界です。語り手は、どの位置からこの世界を見ているのでしょうか。それによって同じ世界でも違ってきます。この語り手の位置を視点といいます。

 語り手がある人物の目(ビデオカメラと考えるいいでしょう)と同じところにある場合が多いです。その人物を視点人物といいます。視点人物から見られている人物を対象人物といいます。

 この詩では、視点人物は描写されていませんが子犬を見ている人物で、子犬が対象人物です。

 4 カメラの位置、移動 

 子供には、語り手(視点人物)が、ビデオカメラを構えて、この場面を見ているのだと考えさせると分かりやすいです。視点人物の目の高さで、視点人物が見ていることを想像させます。
 
  対象人物の顔が大きく映ったり(アップ)、場面全体が映ったり(ロング)します。瞬間に映る角度が変わったり出来ます。相撲中継を例にして説明すると分か りやすいです。あるときは、真横から、あるときは真上から、力士の背中と相手の顔がと思ったら相手の後ろから、といった具合です。


 5 画面の立体構成 

 画面は、平面ではありません。立体的に映っています。手前に何があり、奥に何かがあります。

 6 詩の構成    

 詩のひとまとまりを「連」といいます。
 この詩は、3連から構成されています。

 7 いろいろな表現技法

 9 表現技法

 (1)倒置法
    さむいのね。そんなにふるえて。

 (2) 句読点の有無、韻

 (3)文末表現

    語り手が子犬に話しかけていることが分かります。口調から大人の女の人らしいことがわかります。

 (4)文体

  敬体です。

 (5) 時制

   現在形です。


 8 空行の効果、改行の効果 

 3連ですから、空行(行空け)が2ヶ所あります。

 ただむやみに空けているわけではありません。それぞれ意味があるのです。

 主に、断絶と連続を表します。断絶は、前の連と時・場所・登場人物が違ったり、語り手の心情の変化を表します。連続が、前の連と
時・場所・登場人物は変わりませんが、人物の移動を表します。
 

 9 プラ スイメ―ジとマイナスイメ―ジ  

 この詩には、プラスイメージの言葉や行動しかありません。

15 比較の思考法(類比、対比)



2 イメージを描こう

イメージを描くための読み方には、2つの方法があります。
1 展開法
  私たちが普通に作品を読むように、始めから順に読んでいく方法です。読むに従って情景や人物などが明らかにイメージ化できます。
2 層序法
  ある視点から全体を見る読み方です。その視点に関する部分に焦点を当てて全体を見て息問題を解決していく読み方です。作品を一読してからの方法です。一度 に作品全体を見ていくのですから物語では読み込んだ後でなければ取り掛かれませんので、高学年が対象となります。でも、詩の場合は比較的簡単に取り掛かる ことが出来ます。


  情景のイメージ化



  
14



て 






い。
 













13


あ、






















12









て。















11





ね。



















10
   
 































の 




が 






よ。












の 




に、




















へ 




ゃ 


め。




















よ。

























ど、






















へ 




ゃ 


め。













































に 







のに。

















ら 


たの。






































 

























  

 
 
初読で考えられること

1 情景
  時  現在 午後らしい。
  所  野外 住宅地らしい。
  天候  雪降り 地面に積もっている。子犬が歩けるくには苦労だが、人間にとっては少し。
  音    聞こえない。
2 人物
  子犬→対象人物
  子犬に話しかけている人物(女性)→視点人物(語り手)
3 一貫して視点人物が子犬に話しかけている。会話体。
4 敬体で女性語を使用している。
5 三連で構成されている。
6 文末から、優しい感じを受ける。
7 文体から1年生の後半、秋頃以降が指導時期(分かち書き、漢字)


1 展開法

題(0行)→雪が降っている。その中に子犬がいる。
       作者が男性。


一連目
 1行目→語り手が話しかけている。 
 2行目→「こんなに」から、雪の降り方がわかってくる。雪が激しく降っている。しかし、風はない。
倒置法を使い、語り手の「子犬がこんなに雪が降っている中どこから来たの」という感情を強調している。


3行目(空行)→この空行は、連続を表している。子犬が雪の中を動き
回っているのを語り手がじっと見ている。


二連目
 4行目→子犬がある方向へ行きかけた。やさしくとめている。
 5行目→雪が積もっていてお前には分からないかもしれないけれど
 6行目→どぶがあるんだよ。

  子犬は分かったのか違う方へ歩き出した。

 7行目→再び止める。
 8行目→そっちへ行くと垣根があるよ。
 9行目→雪で分からないだろうが、バラ線(とげとげのはり金)があって危ないよ。


10行目
(空行)→この空行も、連続を表している。前の空行より時間が長い。
           子犬が雪の中を動きまわり、二連目と同じように危険を告げられ、
最後には語り手の傍に来て見上げ            る。

三連目
11行目→「さむいのね」と優しく語りかける。
12行目→
傍に来たのでひどく震えている子犬の様子がわかる。子犬がアップされる。語り手がしゃがむ。
 ここでも倒置法。
13行目→呼びかける。様子を見ていた女性が心を決める。
14行目→立ち上がり、指示して歩き始める。

余韻→女性が歩く後を子犬がついて行く様子がだんだん遠くなる。
     ここで語り手は、視点人物(女性)からはなれてとどまっている。


2 層序法

視点
1 子犬の行動を追う。

  雪が降りしきるなかを歩き回っている。
  危険なほうに行くと、女の人に注意されて戻り、違う方に行きまた戻る。
  このようなことを繰り返してどうにもならなくなり、最後は女の人の足元で震えている。
  女の人についておいでといわれてその後をついていく。

2 どんな子犬か

  子犬は対象人物なので、視点人物(女の人)が描写しない限り読者には分からない。
  本文中には子犬の様子は一切描かれてはいない。
  しかし、題に「子犬」とあるので、その範囲以内で読者は自由に想像できる。どんな種類か。どんな毛並みか。  

3 それを見ている視点人物(語り手)は、どんな人か。

  視点人物の話かけでのみ表現されている。言葉づかいから女性であることが分かる。
  子供なのか、大人なのかということになるが、14行目に「ついていらっしゃい」とあることから、家に連れて帰っても問   題がないと判断できる女性である。とすれば、子供ではなく大人ということになる。

4 女性の気持ちの深まり。

  子犬の行動を見ているうちに女性の子犬に対する思いが強まり、保護してやろうと思うまでに深まって行動に移る。

5 余韻について

  
「ついていらっしゃい」で終わっているので、この後どうなるかわ示されていない。
  この後どうなるかお子どもたちに想像させたい。

6 この詩の印象

  
この詩の現実世界は、「雪が降りしきっている」ので当然、「寒い」はずである。

  女の人の心情と行動を考えると、「温かい」。この詩は温かい詩だということが出来る。

  色彩的に考えると、静かな白の世界といえるだろう。





3  第一学年での実践案(1時間扱い)

   実施時期 3月(勤務校以外での実践)


1 教材について

   第1学年の理解領域の目標は、「粗筋をつかみながら話をきいたり、書かれている事柄の大体を理解しながら文章を読んだりすることができるようにする」こ とである。これまで、「くじらぐも」や「ずうっと、ずっと、大すきだよ」を通して物語りを読む楽しさや、情景のイメージ化・人物の気持ちなどについて少し ずつ考えることができるようになってきている。また、「たぬきの糸車」では、様子を思い浮かべることを中心に学習を進めてきた。詩については、1学期の初 めに触れているだけである。

 本教材では、詩のおもしろさに気づかせながら、様子を思い浮かべる力をつけさせ、2年生の学習につなげ ていこうとするものである。

  「ゆきの中の子犬」は、三連から構成されている会話体の詩である。子犬の様子は直接描かれてはいないが、語り手の言葉から想像できるようになっている。子 犬を見守っているうちに、語り手の気持ちがだんだんに高まつていき、ついには、「さあ ついていらっしゃい」という表現になっていく。情景や人物の気持ち をイメ―ジ化する方法を教えるために適切な教材である。

2 指導目標   

 (1)価値目 標  子犬に対する語り手の気持ち(優しさ)をとらえることができる。

 (2)技能目標  場面の様子を想像しながら読むことができ る。

 (3)言語目標  言葉のリズムに親しみ、楽しんで音読することができる。

3 本時指導したいこと

(1)  テレビの映し方
(2) 題の役割、効果
(3) 語り手の存在
(4) 語り手と作者の区別
(5)  詩の構成
(6) 空行の効果

 4 指導の概要

         学習活動時間(分)  指導の要点 主な発問 評価等
1 本時のめあてを確認する。 1 ・テレビを映せるようになろう。
2  テレビの存在を知り 映してみる。                   
 5 ・みんなテレビをもっているんだよ。
 ・お母さんの顔を映してごらん。
3  題から1行ずつ視写しながら、イ  
  メージ を作っていく。
       (随時音読する)












 
 17 ・「子犬と小犬」はどうちがうかな。
 ・何が来たんだろう。
 ・何が降っているんだろう。
 ・どんなに降っているんだろう。     ・こんなに
 
 ・子犬に話しかけているのは、誰でしょう。
               (予想1)  男か女か。 
       
 ・みんなぐらいか、大きいか。 

 ・子犬はどっちにいったんだろう。              
 ・何があるんだろうね。             ・どぶ 
   ・なぜ、見えないのかな。
 ・こんどは、どっちにいったんだろう。    ・かきね 
 ・その後はどうしたかな。

 ・子犬はどこにいるんだろう。
 ・震えていることはどうして分かりますか。 ・そんなに

 ・子犬は どうなったかな。
    (予想2) だっこした
                        ついていった

4 音読をする。(一斉読) 3
5 詩の構成を指摘する。 6 ・この詩は、いくつに分れていますか。
6  範読を聞きながら、イメ―ジをつくり  確めていく。 5 ・空行の部分のイメ―ジ化
  ・子犬が動いていることを指摘できたか。
 ・最後の部分のイメ―ジ化(予想2の確認)
  ・子犬に話しかけているのは、誰でしょう。
     ・文末表現   
・女性語      (予想1の確認)           
7  語り手の人柄について話し合う。 5 ・この人はどんな心の人だろう。
 ・
優しさを感じることができたか
8  詩全体の印象について話し合う。      指名読・暗誦
 5 ・風は吹いているかな。
 ・音が聞こえますか。
 ・寒い感じがしますか。暖かい感じがしますか。   
  ・何が暖かいのでしょうね。
9 音読をする。    指名読(暗唱) 1
               


inserted by FC2 system